サイトメニュー

>トピックス>感謝の気持ちを込めて喜んでもらえる内祝いを贈ろう

感謝の気持ちを込めて喜んでもらえる内祝いを贈ろう

内祝い

内祝いと聞くとお祝いをいただいたお礼と考えている人も少なくないようです。本来の内祝いの意味は、家でお祝い事があった際に、記念の品として送るのが内祝いです。そのため、お祝いをいただいていない人にも贈ります。お祝いのお返しではなく、お祝い事があったときの喜びのおすそ分けと考えるとよいでしょう。現在では、頂いたお祝いの半分程度をお返しするといったことも言われます。ついついお返しの品というイメージが強くなっていますが、喜びのおすそ分けと考えるとなんだか贈ることがうれしくなるのではないでしょうか。内祝いも結婚、出産、入学など様々な場面で必要となってきます。それぞれの場面によって贈る品にも違いがでてきますが、何よりも考えたいのは喜びを分けるということで、贈った相手も喜びを感じてもらうことが出来るような品を贈りたいものです。

内祝いを贈る際に頭を悩ませるのがどういったものを贈ったらよいのかということでしょう。もちろん予算もありますから本当に品選びは難しいものとなります。でも、ここで一番に考えたいのが、贈って喜んでもらうことが出来るものであることです。内祝いはお祝いの記念の品ですから、贈った相手にも喜びを感じてもらうことが出来るような品選びをしたいものです。記念に残るようなものを選ぶことも多いのですが、時には記念に残るものということではなくても贈った相手が喜ぶものであることも大切でしょう。日ごろからどんなものを使っているかなどが分かればなんとなく使うものもわかりますから、それを考えてみるとよいでしょう。せっかくの贈り物、少しでもその喜びを伝えることが出来るように相手の喜ぶ顔をイメージしならが品選びをしましょう。

プレゼント